年収例を真に受けすぎない

求人票によっては年収例を記載している場合もありますよね。入社1年目の人がどれくらいの年収を得ることができるのか、また5年や10年というキャリアを積むとどれくらい年収が上がるのかというのが箇条書きで書かれているのを見ると夢が膨らみます。努力次第で収入アップを期待することができるというのが一見して分かるからです。

しかし求職者はこれを見て「誰もがこれだけの年収を得ることができる」というような勘違いをしてしまう傾向にあります。企業側はあくまで努力して頑張った人を例にしているだけなので、ただだらだらと働いていたとしても思うように年収をアップさせることはできません。管理という立場は特に高い年収を見込むことができるので、キャリアを積めばどんどん年収をアップさせることは可能です。努力すれば収入という目に見える形で評価してもらうことができるのは確かなので、それを目標にするという見方をするようにしましょう。

「未経験歓迎」という言葉は信用しない

今まで挑戦したことがない人にとって「未経験歓迎」の言葉は非常にありがたいですよね。特にある程度の年齢となって社会的に中堅の立場になった人でも、チャンスがもらえるのであれば挑戦してみたいと思う人もいるでしょう。しかし企業側が提示している「未経験歓迎」は求職者が考えているものとは少し違います。社会人1年目の人のように1から全部教えてもらうことができるような未経験者とは見方が違うので、ある程度のキャリアは求められます。

未経験の世界へ飛び込むのであれば、予め知識を学んでおくことをおすすめします。その努力をアピールすれば採用試験においても有利に事を進めることができる可能性が出てきます。

ネットワークエンジニアは今注目の職種です。スマートフォンを誰もが使う現在、その通信に必要なルーター等のネットワーク機器を彼らが支えています。