外資系の会社の英語の面接をクリアしよう

外資系の会社の就職試験の際には、求職者の英語能力が厳しくチェックされることがあり、内定率を高めるうえで、各企業で求められる語学力についてあらかじめ把握をすることが大事です。特に、営業職などの高いコミュニケーション能力が要求されるポジションで働きたい場合には、就職活動に向けて英会話教室に通ったり、ネイティブスピーカーからアドバイスをもらったりすることがおすすめです。また、外資系の会社の面接で問われることの多い質問事項について詳しく知るために、興味のある会社の説明会に足を運ぶことが効果的です。その他、早いうちから志望動機や入社後の働き方について考えておくことで、面接でしっかりとアピールすることが成功のカギとなります。

外資系の会社で重要な英語のメール

外資系の会社の中には、頻繁に海外の取引先や顧客とのメールのやり取りを行うところも珍しくなく、スムーズに仕事を進めるうえで、ビジネスレベルの英語力を身に着けることが大切です。特に、ビジネスによく使われる英単語や英文法を中心に学ぶことで、様々な立場の人とうまくコミュニケーションを図ることが可能です。外資系会社の中には、職種や役職などに応じて、研修の機会に英語のメールの書き方について指導が行われることがあり、業界内でキャリアアップを目指すうえで、就職先の選び方にこだわることがとても重要です。なお、従業員の海外転勤の機会の多い会社で働きたい時には、選考を通じて担当者とよく話し合いをすることが肝心です。

外資系の転職では、自分のスキルを活かしながら働けるようになる他、収入アップが期待できるというメリットもあります。