人事担当者にアピールできる英語の履歴書の書き方を覚えよう

英語の履歴書を作成する際に知ってきたいこと

英語の履歴書は、外資系企業や研究機関などの採用試験を受験する際に提出が必要となることがあります。

人事担当者にこれまでの社会経験や能力の高さなどをしっかりとアピールするために、読みやすい英文を心がけることが大切です。

英語の履歴書の作り方に迷っていることがあれば、ネイティブスピーカーからアドバイスをもらったり、ビジネス誌などを参考にしたりすることが効果的です。

また、英語の履歴書の指定の書式は、企業によってわずかな違いがあるため、前もって興味のある企業の採用試験の案内をきちんとチェックすることが大事です。

その他、英語の履歴書の内容を充実させるために、志望動機や趣味などの書き方に工夫をすることがおすすめです。

英語の面接をクリアするためのコツ

英語の面接に合格をするためには、英単語や英文法をマスターすることはもちろん、日頃からコミュニケーション能力を高めることがポイントです。

大学入試や就職活動の際に英語の面接の対策を立てるにあたっては、マンツーマンの授業が受けられる英会話スクールに通ったり、自宅で取り組めるオンライン学習を利用したりすることが有効です。

また、英語の面接のマナーを身につけるためには、様々な知識や経験が必要となりますが、早いうちに人材紹介会社などに相談をすることで、面接での受け答えの仕方や服装、言葉遣いなどのアドバイスをもらうと良いでしょう。

なお、興味のある企業の採用試験の特徴を調べながら、英語の面接で重視されるポイントについて確認することが大切です。

英文レジュメを作りたい場合に英語の表現や単語に不安がある場合には、翻訳ソフトやアプリを使うのが便利です。