大変だけど、安全を守るやりがいもある、警備員のバイト

警備員のバイトって、どんな仕事?

一口に警備員の仕事といっても、内容はさまざまです。代表的なものには、交通誘導、イベント警備、施設警備などがあります。

交通誘導は、歩行者や車の安全を守る仕事です。主な仕事先は、商業施設などの駐車場や、片側通行が必要な道路工事現場、大型車両が出入りする建設現場などです。イベント警備では、会場に入退場する人の誘導や案内、会場の内外の巡回や監視などをおこない、コンサートやお祭りといったイベントのスムーズな運営をサポートします。施設警備は、商業施設やオフィスビル、工場や倉庫など、いろいろな施設の安全を保つ仕事です。巡回による目視や監視カメラのチェックなどをおこなったり、夜間の宿直勤務があることもあります。

警備員のバイトが向いているのは、どんな人?

警備員の仕事は、一般に立ち仕事が多く、体力と忍耐力のいる仕事です。また、アルバイトといえども責任を持って働かなければ、事故やトラブルにつながることがあるので、しっかりとした職業意識を持って取り組まなければなりません。

警備員のアルバイトは、比較的働き方が選べることが多く、学校や他の優先事項のある人に働きやすい職場といえます。また、日給や週給など、働いてから支払いまでの期間が短いケースが少なくなく、早めに収入につながりやすい仕事です。

アルバイトとして警備の仕事を続けるのであれば、関連の資格を取っておくことがおすすめです。資格があることで、できる仕事の範囲が広がり、また、より高給の仕事ができる場合があります。

警備員のバイトの仕事内容は、主にスーパー、工事現場での交通誘導、イベント会場・施設の警備などです。足腰に負担が大きい仕事ですが、その分給料が高いメリットもあります。