コミュニケーションが苦手?だったらドライバーになるのも悪くない!

コミュニケーションの必要性は薄い

タクシードライバーにしても、トラックドライバーにしても、基本的に仕事の中心は車の運転になります。車の運転は神経を使う作業ですから、黙々と行うことが多いですね。タクシーの場合にはお客さんと雑談をすることもありますが、赤信号で止まっているときが中心になります。走っている際には集中力を切らすわけにはいかないので、あまり会話をする必要もないのです。トラックドライバーなら、完全に一人で車を運転しているだけでいいので、コミュニケーション能力はほとんど必要がありません。仕事を受けるときや、荷物を受け渡すときぐらいにちょっと喋るぐらいのものです。一人での仕事が好きなら、ドライバーという仕事は悪くありません。

免許があれば仕事は見つけやすい

ドライバー業界では中途採用もしてもらいやすいです。デスクワークをするような社員とは違って、運転技術を求めて企業は求人を出しているので、免許さえあれば雇ってもらうことはできるのです。トラックドライバーなら、見た目に多少難があってもあまり気にされることはありませんし、年齢が高くても断られる可能性が低くなります。特に最近は人手不足が激しくなっているせいか、仕事にはありつきやすくなっていますね。他業種からの転職の際にもよく使われているのには、こうした理由があるのです。

ドライバー仕事のメリットとデメリット

長距離ドライバーともなると、ずっと車の運転をしていなければいけません。長時間の運転は体力的にもきついものがあります。事故リスクとも向き合いながらの仕事となる点がデメリットです。ただ、その分給料も高く設定されていて、頑張れば年収500万円以上も稼げます。メリットも多いので、転職先としては有力です。

大型免許が活かせる仕事にこだわるのが、高収入のドライバーの求人を探すときの基本です。運輸系の求人サイトを活用すると、効率的に適職を見つけることができます。