求人突破の3原則(技術、意欲、人間関係)を知ろう!

自分の技能・技術の水準は上・中・下?

CADなどの技能・技術の求人では自分の保持する技能・技術の水準を知る必要があります。求人は3次元レベルの要求なのに2次元の経験のみでは就職はできません。しかし、対策はありますからご利用ください。専修学校の活用です。パンフレットでは通常2次元レベルの保有者が、3次元レベルを習得するには6ヶ月かかるのが普通です。これを1~3ヶ月で習得する方法があります。大手の専修学校では、大都市では分校が渋谷、新宿、池袋など数校あるのが普通です。各分校のカリキュラムをうまく調整して1ケ月強で資格習得ができた例があります。在職者で夜間コースを利用して、意欲的に頑張った人の例です。高い目標をクリアした例は、アピールポイントになり面接等で有利に働きますが、就職後は技術の深さが問われるわけですから、できれば、習熟度アップを図る時間も設けることが望まれます。

面接では意欲と人柄が問われます。

次の課題はあなたの意欲です。CAD業務は多くは指示、注文を受けて業務遂行する場合が通常です。期日、設計内容でかなりの難題に直面するのが通常です。面接では必ずこうした場合のあなた自身の態度、業務遂行方針が質問されます。納期等は次工程、他部門、他社の信用にかかる問題だからです。積極的な姿勢がないと採用になりません。
3番目が人間関係です。仕事がら、無理を聞いてあげたり、こちらからお願いをしたり、同僚の協力を得る必要が出たり、様々な人間関係の調和をうまく通りすぎて、成果を上げる必要場面が予想されます。意欲と良好な人間関係維持が技能・技術を支えることになります。

CADオペレーターは、資格は不要です。CADが使えればそのスキルを使って設計図や、電気回路など様々な図面をCAD化していくことがメインのお仕事です。