バイトは社会に触れる第一歩!学生向けの仕事を見つけよう!

バイトの定義や業務内容について

バイトは労働形態の一種で、社員には含まれない短期間の労働行為を指すのが一般的です。また、業務内容については社員と異なり、仕入れや商談の締結など、企業や団体の維持に深く関わる重要な事柄には関与しない特徴があります。一日当たりの勤務時間も社員と比べて短い内容が多いことから、学生が余った時間を有効活用する目的でバイトに就くことがあります。雇用主側もバイト業務に関しては勤務時間や日程などの融通を利かせることが多いので、本業である学務を損なわずに就労することが可能です。

学生のバイトは学費や生活費の一部を賄う目的で行われることが多いので、卒業や親元を離れて引っ越しを行うのと同時に雇用期間が終わるケースが主流です。そのため、勤務スケジュールが調整しやすい利点があります。

季節限定のバイトに就くメリットと注意点

バイトの中でも特定の季節だけ働く内容のものは特に学生が多く就く傾向があります。季節限定のバイトは継続性が無いため、通年雇用を重視する成人以上のフリーターよりも年度ごとに生活環境が変わることが多い学生バイトの方が適しています。また、社会勉強の一環として季節限定のバイトに就くケースもあります。

季節限定のバイトは短期間だけの就労なので時間給が高く設定されていることが多く、高額の賃金を得やすいメリットがあります。その一方で業務内容は単純作業の繰り返しが多く、他の業種に就く際に役立つスキルが得られにくいので注意が必要です。また、季節限定のバイトは業種によっては就労期間が厳密に決まっていないものもあるので事前の確認を必ず行うことが大切です。

リゾートバイトとは、リゾート地で住み込みで働くことをいいます。利点としては、短期間でお金が稼げることや休みの日にリゾートで遊べることがあります。